帆船海王丸クラブ会則
(名称)
第1条 
本会は、「帆船海王丸クラブ」と称する。
(目的)
第2条 
本会は、海王丸との交流を深め、会員相互の親睦を図り、併せて(公財)海技教育財団が行う体験乗船等に関する事業の推進に協力し、海事思想の普及に寄与することを目的とする。
(事業)
第3条 
本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
一 会員に対する海王丸の情報提供
二 海王丸とのふれ合いの機会の提供
三 会報の発行
四 会員名簿の発行
五 会員証の発給
六 その他本会の目的達成にふさわしい事業
(会員)
第4条 
本会の会員は、海王丸体験乗船に参加した経験を有する者で第2条の趣旨に賛同する者とする。
2. 
会員は、個人会員とする。
3. 
会員である期間は毎年4月1日(4月2日以降に会員となった者はその日)に始まり、翌年3月31日をもって終わる。
4. 
入会希望者は入会金および当年度会費を添えて入会申込書を本会に提出する。ただし、次年度以降は、会費納入によって会員を継続する。
(幹事および幹事会 監事)
第5条 
本会に若干名の幹事を置き、うち1名を代表幹事とする。
2. 
幹事は会員の中から(公財)海技教育財団の会長が委嘱する。
3. 
幹事の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
4. 
代表幹事は幹事の互選とする。
5. 
代表幹事は本会を代表し、その業務をとりまとめる。
6. 
幹事は、代表幹事を補佐し、本会の業務を行う。
7. 
幹事会は、代表幹事が招集し、この会則に定めるもののほか、本会の運営に関することを定める。
8. 
本会に監事2名を置き、会員の中から(公財)海技教育財団の会長が委嘱する。監事は本会の会計を監査する。
(会計)
第6条 
本会の経費は、会費その他の収入をもって充てる。
2. 
入会金1,000円、年会費2,000円とする。
3. 
既納の会費は返却しない。
4. 
会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
5. 
会計報告は会報に掲載する。
(事務局)
第7条 
本会の事務局は、東京都千代田区平河町2丁目6番地4号 公益財団法人 海技教育財団に置く。
(雑則)
第8条 
この会則に定めるもののほか、本会の運営につき必要な事項は別に定める。
付則
この会則は平成7年7月20日から施行する。
平成16年4月1日より財団法人練習船教育後援会の改組に伴い、会則中の名称を財団法人船員教育振興協会と改めた。
平成19年4月1日より財団法人船員教育振興協会の改組に伴い、会則中の名称を財団法人海技教育財団と改めた。
平成24年8月1日より財団法人海技教育財団の公益財団法人への移行に伴い、会則中の名称を公益財団法人海技教育財団と改めた。

上に戻る

閉じる

※Netscapeの一部のバージョンでは正常に表示されないことがあります。
Copyright Tall Ship Kaiwo Maru Club, 2004 - All rights reserved.
Last updated August 18, 2012