紺青(船首像)
紺青:海王丸紺青

海王丸の船首、バウスプリットが突き出た下の部分に取り付けられた、笛を持つかれんな女性像。それが海王丸の船首像(フィギュアヘッド)です。
「紺青(こんじょう)」と名付けられたこの船首像は、第2代日本丸建造を機に、「日本丸と海王丸に船首像を贈る運動」が企画され、全国からの募金により作成されたものです。日本で初めて作られた船首像としてデザインも公募され、優しさのうちに凛々しさを秘めた日本女性の姿が表現されています。
姉妹船の日本丸には「藍青(らんじょう)」という、しとやかに合掌している女性像が、海王丸には、藍青の妹として、空を舞う天女をも思わせながら、まだ少女のあどけなさを残した顔立ちの紺青が配されました。
果てしない大海原をゆく海王丸の船首で、航海の安全を守ってくれています。

藍青藍青:日本丸

上に戻る

閉じる

※Netscapeの一部のバージョンでは正常に表示されないことがあります。
Copyright Tall Ship Kaiwo Maru Club, 2004 - All rights reserved.
Last updated July 15, 2004