船練習船「海王丸」での体験航海への招待企画
 
主催:帆船海王丸クラブ
 
協力:独立行政法人航海訓練所
 
   財団法人海技教育財団
1.招待企画とは

帆船練習船海王丸は、その実習航海の途次、一般市民が研修生として体験航海するコースを設けています。このたび、平成24年8月6日(月)酒田港(山形県)〜8月9日(木)富山港(富山県)のコースを対象に、東日本大震災の被災地気仙沼の高校生の皆さんをご招待したいと企画しました。
招待される皆さんの旅費、食費、宿泊費、体験航海参加費および国内旅行傷害保険の一切を主催者が負担します。

2.主催者帆船海王丸クラブについて

帆船海王丸クラブは、帆船練習船海王丸に研修生として体験航海をした者の集まりです。海王丸を運航する独立行政法人航海訓練所、海王丸を所有する財団法人海技教育財団の協力を得て、海王丸との交流を深め、海事思想の普及のための活動を続けています。

3.海王丸とは

海王丸は、航海訓練所が運航する5隻の練習船のうちの1隻で、姉妹船「日本丸」とともに日本を代表する世界有数の帆船です。
航海訓練所は、貨物船や客船などの航海士や機関士、やがては船長、機関長になることを目指して学ぶ学生を、関連する学校から一手に受け入れて練習船により航海訓練を実施する国土交通省の所管する独立行政法人です。
関連する学校というのは、東京海洋大学海洋工学部、神戸大学海事科学部、商船系高等専門学校(5校)、国立海上技術短期大学校(3校)、国立海上技術学校(4校)および海技大学校、合わせて15校になります。

4.体験航海とは

海王丸を所有する海技教育財団は、一般国民の募金などを得て同船の建造が実現したという経緯から、航海訓練所の協力を得て、海王丸での一般市民に対する体験航海等を企画・運営しています。
同財団は、上記学校への支援や学生への奨学金貸与などの事業を行う団体で、平成24年度は、国内体験航海4コース、遠洋体験航海2コース、停泊中に行われる海洋教室2コース、中学生向け動く(洋上)海洋教室1コースの実施を計画しています。
体験航海は、航海士や機関士を目指す学生が受ける訓練と並行して実施されますので、その参加者は、学生に対する訓練の一部や生きた船内生活を十分に体験できます。このことが大きな特徴です。すでに参加した方からも、「大きな感動と貴重な体験を得ることができた」という感想をいただいています。

以上

上に戻る

閉じる

※Netscapeの一部のバージョンでは正常に表示されないことがあります。
Copyright Tall Ship Kaiwo Maru Club, 2004 - All rights reserved.
Last updated May 6, 2012